松が丘マンション様邸

2013年6月完成   (仮称) 松が丘マンション
中野区 住宅兼共同住宅 11世帯
■敷地面積 333.57㎡ / 100.97坪 ■建築面積 199.19㎡ / 60.25坪 ■延べ床面積 570.79㎡ / 172.66坪
◎商品タイプ : セフィール
◎地震に強いK型フレーム工法
◎耐火構造
◎錆びにくい亜鉛メッキ鋼材
◎部屋に柱型がなくすっきり
◎外壁は旭化成のALCヘーベルライトを使用
◎美しい外観で耐久性、耐火性

(仮称) 松が丘マンション建築の経緯
当土地は祖父の代からの借地でした。平成12年頃借地の更新の際に土地を半分程度に分ける話しをしていましたが良い案がお互いになくそのまま借地の更新をしました。地主さんの意向は固定資産税等もたいへんなのでできれば買ってほしいという希望を聞きました。収益がない土地をそのまま買うことは自己資金も融資も不可能でした。賃貸物件を計画して家賃収益と借り入れ可能額を検討しました。住んでいた家は2年前にもリフォームなど手を入れていましたので愛着もありまだまだもったいなかったです。祖父の代からの山本工務店を3代目で家業から事業へと転身を図っていましたので 工場兼作業場をどこかに移転する仕事をしなければなりませんでした。工場の移転を上高田5丁目の左官屋さんの倉庫が運よく借りられたので平成24年の8月頃移転しました。平成22年4月に事務所を薬師あいロードの門前の交差点に借りていましたので 事務所関係はほとんど当所から移転していた状態でした。それらが建築に至るまでの経緯です。
①   24年1月 地主さんと土地の意向などのお話し
②   24年2月 建築基準法を確認しながらプランニングを練り ㈱MACのコンピューターソフトで設計図を作成
③   24年2月 家賃収益シュミレーションを不動産会社に依頼
④   24年3月 融資先の信用金庫・住宅金融公庫などを検討 具体的に融資審査を受ける
⑤   24年5月 融資内定
⑥   24年6月 土地の仮契約
⑦   24年7月~9月 土地が近隣の土地と1筆だったため分筆作業
⑧   24年7月 建物新築契約
⑨   24年7月 確認申請着手 お知らせ看板の設置(3階建て以上の場合中野区では1ヶ月間お知らせ看板の設置が必要)
⑩   24年7月 狭隘道路の申請(前面道路が4m未満の場合確認申請に入る前に道路申請が必要)
⑪   24年10月 11月 引越し 解体始め
⑫   24年11月 地鎮祭
⑬   24年12月 地盤補強
⑭   24年12月 確認申請認可(確認申請にも時間が掛かりました)
⑮   25年1月  基礎着工(雪の為と東北の建築需要のため生コンが遅延)
⑯   25年2月  鉄骨骨組みが建ち上がる
⑰   25年3月  屋根壁下地 内外壁床などを仕上げていく

⑱   25年6月  完成

 

完成

外観

完成完成完成完成完成

オーナー

完成 完成完成完成完成
 完成完成完成完成完成

賃貸部分

完成完成完成完成完成完成
完成完成完成完成完成完成